・薬を飲み忘れた場合は思い出したときに飲む
・薬をコーヒーや牛乳で飲むことがある
・徹夜の時、眠気覚ましを栄養ドリンクで飲む
etc…

この飲み方をしている方は必見!

某情報番組で薬の飲み方について紹介が。

誤った飲み方をすると危険だと感じました!

今回は『正しい薬の飲み方』をご紹介!

 

 

 

こんにちは、おがっちです!!(^^)!

もうすっかり小春日和ですね~♪

暖かくなって穏やかな気分になりますが、

花粉症の人にはつらい季節でもありますね。

 

さて、今回は『正しい薬の飲み方』です。

私も間違った飲み方をしてました!

 

薬を飲むタイミング

▼食後

食後30分以内に飲むのが基本。
食後に飲む薬を胃が空っぽの状態で服用すると
効果がなかったり、胃が荒れたりします。

▼食前

食事の30分前に飲むのが基本。
胃が空っぽの状態で服用すると効果が出ます。
食べ物と混ざると効果が薄れるみたいです。
漢方薬に多い飲み方。

▼食間

食事の約2時間後に飲むのが基本。
食事と食事の間に飲むという意味で「食間」。
※「食事中に飲む薬」と誤解されがち
胃の粘膜を保護する薬などは食間に飲む。

 

×飲み合わせNG

 ▼風邪薬×コーヒー

風邪薬を飲んで眠くなったことありませんか?

風邪薬には眠くなる成分が含まれているため、

それを緩和させるためにカフェインが入っています。

コーヒーで飲むとカフェインの効き目が強く

不眠の症状が出る場合があります。

 

▼眠気覚まし×栄養ドリンク

眠気覚ましを栄養ドリンクで飲むと

カフェインが大量に摂取されます。

そのため不眠になりやすいですし、

最悪の場合、カフェイン中毒死などもあり得ます。

夜勤でこの飲み方をする人は注意。

 

▼高血圧の薬×グレープフルーツ

高血圧の薬は血圧を下げますが、

グレープフルーツもまた血圧を下げます。

同時に摂取すると血圧を下げ過ぎる恐れがあります。

 

▼抗生物質×牛乳

抗生物質はカルシウムと結合しやすく、

結合すると溶けにくくなります。

そうなると効果が得られません。

牛乳以外でもカルシウム含んだものはNG。

 

▼《番外編》|組み合わせNGの行動

 

 

《酔い止め薬×運動》 → 熱中症を起こす危険が。

《睡眠薬×車の運転》 → 説明するまでもなく。

まとめ

 

  • 食後、食前、食間のタイミングには意味がある
  • 薬によって飲み合わせNGのものがある
  • 薬によって組み合わせNGの行動がある

 

私は薬を飲み忘れたときは

思い出した時に飲んでいます。

その場合だと効果がなかったり

逆に健康を損なう恐れもあります。

今後は気を付けないといけませんね!

 

飲み合わせに関しても、

ダブルワークをしていた頃は

眠気覚ましを栄養ドリンクで一気飲みしてました。

この飲み方で亡くなった方もいらっしゃいます。

(あの頃の私は体ボロボロだったかも・・・)

 

やっぱり薬は用法用量を守ることが大切ですね!

以上、『薬の正しい飲み方』でした!

 

今回もお読みいただきありがとうございました!

またお会いしましょう!

おがっちでした!(^^)!