40代に突入してから気になって仕方がない「顔のシワ」
30代後半からちょこっと出てきましたが、
いよいよ気にせざる得ない状況に…
洗面台に立つのが怖くなりました(ノД`)

「もうこれ以上顔のシワを増やしたくない!」という思いを込めて…
「顔のシワ」情報まとめてみました!

 

有名な某番組でも「顔のシワ」について紹介されていました。
今できてしまったシワを取る!…ということはできませんが、
予防&目立たなくさせる方法が紹介されていました!

 

▼シワの種類もいろいろあります!

シワにもできる場所によっていろいろと名称があるようです!

ゴルゴ線やカラスの足跡など…なかなか面白い名前ですね。

この他にも口のまわりに細かく入る縦線「うめぼし線」というシワもあります!

番組では、目の大きさ・顔の輪郭で将来どんなシワができるのか!まで取り上げられていました。

<目の特徴>

  • 細長・切れ目の方:目尻(カラスの足跡)にシワが入りやすい
  • 目が大きめの方:目尻より目の上下にシワが入りやすい

<顔の輪郭>

  • 顔が面長の方:ゴルゴ線・うめぼし線にシワが入りやすい
  • 顔が幅広の方:マリオネットラインにシワが入りやすい

▼シワの原因は…?

シワの原因と呼ばれるものは多種多様あるようで…

・加齢

・肌の乾燥(加齢、気温の低下どちらもあり)

・女性ホルモン量の低下

・紫外線

その他にも多種多様な原因が存在しています!

▼原因の75%以上は紫外線!?

数あるシワの原因中でも、

もっとも注目したいのが「紫外線」
某番組では「シワの原因の75%以上は紫外線」とも言われていました。
子ども時代の日焼けが2・30年後の今、顔に表れてきた状態なんだとか(゚゚)!

実際、某番組では日照時間が短いと言われる秋田県ではシワが少ない女性が多く
「80代のおばあちゃんでもシワが極端に少ない。」という調査結果もでています!

 

※ちなみに日照時間が短い地域は以下の通りです。

< 日照時間が短い地域(2014年の情報) >
・秋田県
・鳥取県
・島根県

 

▼紫外線の種類

その紫外線も実はUV-AとUV-Bという2種類のものがあって

シワにかかわりあるのはそのうちの1種類だけなんだそうです!

 

UV-A:皮膚の奥まで浸透&シワの原因になる紫外線!

表皮から真皮に届き、線維芽細胞(コラーゲンやエラスチンを作り出す細胞)に
直接ダメージを与えて活動する力を弱めてしまいます。

また、紫外線をあびることで活性酸素が発生、コラーゲンの線維が切れたり、
線維芽細胞からコラーゲンの分解酵素が出てしまいます・・・。

 

→結果 肌のコラーゲンが減少し、お肌の弾力が失われることで、
シワ・たるみを引き起こしてしまいます(>_<)

 

(しかもこのUV-A地表に届く全紫外線のうち約95%を占めるんだそうです・・・!)

 

UV-B:肌の表面まで届き、皮膚がんの原因になる紫外線!

UV-Aのように真皮までではなく表皮までしか届きませんが、UV-Aよりも波長が短く、強いエネルギーを持っています。

この強いエネルギーで肌が真っ赤になってヒリヒリしだす状況になります。

※本当はUV-Cというものもありますが、人の肌には届かないものなので割愛します!

 

▼日焼け止め選びで注目すべき数値はこちら!

UV-A対策:PA+PA++PA+++

UV-B対策:SPF1550

 

よく日焼け止めに書いてある表示ですよね!
今後日焼け止めを買う際の参考にしてみてください(*^^*)

40代に突入し、年々気になるシワ(-_-;)

少しでも目立たせないようにするために!しっかり紫外線を対策していきましょう!

byもくたん