こんにちは!@なぉです。

 

今回のテーマは「グルタミン酸」です。

グルタミン酸は味覚を感じる「うま味」という成分です。

グルタミンってなんだか音のひびきが気持ちいいですよね(*´∇`*)

 

ぐるぐるグルタミン♬

 

グルタミン酸の特徴をまとめてみました。

 

グルタミン酸のすごい効果!

グルタミン酸には様々な特徴があります。

  • 体内のアミノ酸の60%がグルタミン酸。
  • 体内のアンモニアを無毒化する
  • 能の働きを高める
  • ストレスに強くなる
  • 食べると満足感が得られる
  • 疲労回復

などなど、あげだしたらきりがありません。

人の体には不可欠なものなのです。

 

グルタミン酸を多く含む食材

グルタミン酸は人の体内で合成されるので、サプリメントなどで摂取するとむしろ過剰症になる恐れがあるようです。

食べ物から摂取しましょう!

グルタミン酸が多い食材は昆布海苔パルメザンチーズ干ししいたけトマトアンチョビなどがあります。

詳しくはうま味インフォメーションセンターを見てみてください。

 

グルタミンとグルタミン酸は別物

グルタミン酸はアンモニアを無毒化すると説明しましたが、その無毒化されたものがグルタミンになります。

グルタミンには免疫力を高めたり筋肉の回復を助けたりする効果あります。

トレーニーの中にはトレーニングの後にサプリメントで摂取している人も多いですね。

 

グルタミン酸ナトリウムに注意!?

他にもグルタミンという名前がつくもので、身近なものが「グルタミン酸ナトリウム」です。

グルタミン酸ナトリウムはグルタミン酸とナトリウムを合成したもので、うま味を出す調味料として広く普及しています。

そして・・・食品添加物の代名詞とも言える存在です。

外食チェーン店やコンビニ食品など、加工食品のいたるところにグルタミン酸ナトリウムは使用されています。

昔からグルタミン酸ナトリウムの危険性が指摘されていますが、結局はっきりしたことは分かっていないようです。

なるべくなら食べないようにしたいですね。