2人に1人がなっている歯周病
放置しておくと実は大変な病気に!

こんにちは!ゆりまるです♪
皆さんは歯磨きをする時に、
歯茎から血がでたりすることありますか?

血が出たけどすぐ引いたし、
大丈夫かな~って思っている方
要注意です!!
もしかしたら歯周病になっているかもしれません!

歯周病は放置しても治らない

歯周病になった場合、自然に治ることはありません。
徐々に徐々に進行していく恐ろしい病気です。
さらに進行していくにつれて、骨が少しずつ溶けはじめます。
最終的には歯が突然抜けたり、顎の骨が溶けたりなど
治療するのにも大変大がかりなものになってきます。
その為、早めに治療することが大事になります。
また、口臭や硬い物が食べられなくなったり、
日常生活に困難をきたしてしまいます。

こんな方は要注意!

・歯茎から血がでる
・歯茎の腫れやかゆみ
・硬い物が食べにくい
・朝起きると口の中がネバネバする
・口臭がきつい
・歯と歯の間に食べ物が挟まる。

歯周病は早期予防が大事

歯磨きを丁寧に行う

ザーッと終わるだけの歯磨きでは、
歯周病の予防になりません。
1本1本の歯を優しく丁寧に磨いていきます。
歯を磨いた後はさらに歯間ブラシや糸ようじなどで
磨いても取れなかった汚れを
落としていくとより効果的です。
また、磨いた時に出る血は
歯茎を強くする為に出る血なので
出血がある場合は、そのまま出した方が
元気な歯茎に生まれ変わるみたいです!

定期的に歯医者に通う

自分でどんなに丁寧に磨いても
完璧には歯垢(プラーク)は落としきれません。
定期的に歯医者に行き、クリーニングなどの
メンテナンスを行うのがさらに予防の対策になります。

生活習慣の改善

歯周病には、生活習慣も深く関わっています。
喫煙・ストレス・間食・睡眠不足など
様々なことで歯周病を引き起こします。
今の自分の生活を見直し、改善していくことが
大事になっていきます。

まとめ

放置しても治らないってところが
恐ろしいですね!怖すぎます!!
早期の治療が本当にとても大切になりますので
症状がある場合は、早めに病院に行きましょう!