冬になると乾燥肌が目立ってくる”

水仕事のあとのあかぎれが痛い”

ハンドクリームを塗るタイミングがよく分からない”

このような悩みはありませんか?
私は悩んでいます!(>_<)

『ハンドクリームの正しいつけ方』というものを
某情報番組で紹介していました。

興味深い話だったので、
今回は私が実際に試した写真付き
ご紹介したいと想います!

 

こんにちは!
最近になって日本酒のおいしさに目覚めた
おがっちです!

さて今回は、
冬になると目立ってくる『手荒れ』
の対策をご紹介いたします♪!(^^)!

その対策とは、ズバリ!
『ハンドクリームを正しくつける』です!!

▼ハンドクリームの正しいつけ方

ハンドクリームの正しいつけ方は、
皮膚科医澤田美月先生が解説されました。

ここで特筆すべき点は、
ハンドクリームの使用量の多さでしょう!

ハンドクリームの量は、
人差し指の第二関節ぐらいまで必須だそうです!
(両手の指先から手首まで充分にケアをする場合)

実際にその正しいつけ方を試してみました。
まずはハンドクリームの量をご覧ください。こちら↓

やってみたら分かりますけど、かなり多量です!
この量を実際につけた写真がこちら↓

えっ・・・こんなになっちゃうの?笑
想像以上に手が白くなりました。
ハンドクリームなのでギトギトします。

ここからは指先から手首、細かなシワまで
しっかりと馴染ませていきます。

すると、5分ぐらいでかなり馴染んできました!

とてもシットリしてます♪

※注意:この状態で物に触れるとハンドクリームがベタベタがくっつきます。

▼クリームをつけるタイミングは?

水仕事のあとや就寝前がベストみたいです!

  • 水仕事のあとはどんどん皮膚が乾燥
  • 寝ているときには発汗で肌の水分量が減少

これらのタイミングで
『正しいハンドクリームのつけ方』
を実施することが大切みたいです!

▼つけたあとは手袋装着!

ハンドクリームを付けたあとは、
手袋をするのが良いとのこと。
皮膚を保護するはたらきが高まるそうです。

手袋は綿の手袋がオススメです!
ゴムだと蒸れてかぶれる原因になりかねません。

皮膚の保護もそうなんですが、
ハンドクリームが馴染んだあとも
手はそれなりにギトギトしています。

物に触れてクリームをつけないためにも
手袋装着は必要かと思います!
(スマホ画面が指紋だらけになるレベル。笑)

『スマホベタベタ事件』を経験した私の見解ですが、
タイミング的には就寝時がベストに思います!

水仕事のあともひと息つければ実施できそうです!

▼まとめ

『ハンドクリームの正しい付け方』を要約すると以下の通りです。

  • ハンドクリームは人差し指の第二関節ぐらいまでの十分な量を使う
  • ハンドクリームが馴染むまで指先から手首まで塗り込む
  • ハンドクリームが馴染んだら綿手袋を装着する
  • ハンドクリームをつけるベストタイミングは水仕事のあとと就寝前

手荒れでお悩みの方は一度お試しください。

ギトギトはしますが、本当にシットリしますよ!

以上、『ハンドクリームの正しい付け方』でした♪
またお会いしましょう!
おがっちでした!(^^)!