見えないところから美しく!かかとのケアを知ろう

30歳を過ぎたあたりから、乾燥した季節になると、かかとがカサカサになってきました…。特に今年はカサカサだけにとどまらず、なんとヒビ割れまで!めちゃめちゃショックです…。

そんな時、ある情報番組でかかとのケア方法が紹介されていました!ピンポイントな話題だったので食い入るように観てしまいました。年齢のせいだとあきらめるのはまだ早い!皆さんに私がテレビで見た内容をご紹介します!

 

まず、かかとがガサガサになる原因を探ってみます。あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 乾燥した外気
  • 加齢による乾燥
  • かかとに重心が偏る姿勢
  • 靴のサイズが大きい(中でこすれる)

上記4つが主な原因のようです。姿勢や靴は日ごろから気を付けられますよね。ただ、乾燥や加齢は外的要因で避けられないものです。この2つによってガサガサになったかかとのケア方法を伝授いたします!

正しくきれいに洗う、ヤスリ掛け、保湿の3点

★洗い方

ごしごし洗いは厳禁!、よく泡立てた石鹸で優しく洗いましょう。洗顔をイメージするといいかもです。タオルやスポンジ、ネットは使わず、指の間までソフトに手洗いが良いそうです。

 

★水分はよ~くふき取る!

洗い方と同じく、ごしごし拭くのはNGです!柔らかいタオルでグッと押し付けるように十分に拭きます。水分が残っていると、かかとが自然乾燥することになり、その際皮膚から潤いも失われてしまします。

★ヤスリ掛け!

水分をよく拭き取ったら、ヤスリ掛けです。ドラッグストアなどに行くと、かかと専用のヤスリという便利なものが販売されています!これでかかとの固くなった皮膚をやさしく削っていきます。削るといっても、これまたごしごし削るのはNG!一方向から角度を変えてなでるようにするのがポイントだそうです。頻度は週に1回程度。やりすぎと、かかとに水分が残っている状態でのヤスリ掛けは絶対にしないように!

★保湿

最後は保湿です。さまざまな保湿クリームがありますが、その中でも固くなった角質を柔らかくする尿酸配合のクリームを使用します。かかとがしっとりする位に塗り込みます。ひび割れがひどい人は朝、就寝前の2回塗りましょう。

私はフローリングのべたつきが気になるので、塗った後はくつ下を履いています。

 

 

以上がガサガサかかとのお手入れ方法です!私も実践してみて、まだ1月ほどですが、こんなにも変わるのかとビックリしました!

 

私と同じ悩みを抱えている方、ぜひお試しください!

 

それでは!