どうも、まちこです。

 

今回は、女性なら誰でも気になる病気、

『乳がん』についてご紹介します。

女性のみなさん、大切なことですので必ず読んでください。

乳がんはどの年代でも発症する!?

乳がん発症者の多くは40~50代の女性ですが、

乳がんになる危険性は30歳代後半から40歳代にかけて急増します。

また、30代以下だから発症しないということはなく、

どの年代にも発症の可能性はあります。

「まだ若いから」

「出産・授乳経験があるから」

「もう閉経したから」

というあなたも安心することはできません。

 

乳がんが増加している原因として、肥満や食生活の欧米化があるそうです。

また、乳がんの患者さんは、乳房が大きい人が多いようで、

さらに、左右の乳房サイズが違う人は、乳がんになりやすいという報告もあるそうです。

その他、ホクロが多い人は乳がんになるリスクが高いんだとか…。

しかし、若年性乳がんは、BMI(体格指数)が低い痩せ形の患者さんが多く、

肥満の人は少ないのが特徴だそうです。

 

 

「早期発見」が需要

乳がんは『早期発見』が重要です。

早期発見することができれば、完治できる可能性が高くなります

乳がんは定期検診以外にも自分でチェックできる方法があります。

最近では検診前に、セルフチェックで早期発見し、

治療を早くからスタートできるケースが増えてきているそうです。

皆さんもぜひ、自分でチェックする習慣をつけましょう!

 

セルフチェック方法

1.鏡の前で異常を確認

鏡の前で乳房の左右の形・大きさに差がないかや色の変化を確認します。

元々の体幹のゆがみなどもあるので、普段と変わりがないかをチェックしてください。

 

2.触って確認

腕を上げて指人差し指・中指・薬指の3本の腹で、乳房に触り、しこりや痛みがある箇所がないかを確認しましょう。

まずは外側から内側へ滑るようになぞり、さらに外側から円を描くように乳首に向かってなぞります。

滑りがよく、チェックがしやすくなるので、お風呂で身体を洗う時に実践してみてもいいかもしれません♪

 

また、乳がんが進行すると脇の下に転移する可能性があるので、脇の下もしこりがないかチェックしましょう。

 

3.分泌物がないか確認

乳首から分泌物がないか確認します。乳首をつまんで血が混じっていたり、

茶褐色の液が出る場合は注意です。

 

4.横になって確認する

仰向けになることで、胸の筋肉の緊張が取れ、より詳しくチェックできるようになります。

上記の方法と同じように乳房と脇の下を確認してください。

最後に乳房の下の確認も忘れずに!

 

セルフチェックのタイミング

セルフチェックは、

●生理がある人

毎回生理が終わった4、5日後に、

●閉経された方

毎月1日など、日にちを決めて定期的

行うのがよいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

若いからといって乳がんは安心できないんですね。

なんと、若年性乳がん患者の9割が自分でがんの「しこり」を発見しているそうです。

16~19歳など10代の発症例も数件あるそうなので、定期的な検査とセルフチェックを心がけてください!

あなたの大切な命です。まずは自分で守りましょう!