こんにちは♪華子です。

 

毎年この季節がやってくると我が家では「白色ワセリン」が大活躍してくれます。

1つあれば、子どもも大人も唇から顔・手足までケアできるので有り難い存在。

特に私はこの季節に限らず「唇ケア」に必須アイテムとして使っています♪

 

唇ケアの方法

<材料>

・白色ワセリン(適宜)

・国産はちみつ(適宜)

※はちみつアレルギーは体内への摂取だけでなく、皮膚へも過剰に摂取することにより引き起こされることもあるそうなのでご注意ください!

・ラップ

・ティッシュペーパー数枚

 

<ケア方法>

①ワセリンとはちみつを1:1で混ぜます

②唇にべったりつける。

③塗った唇にラップをのせる。

④5分~10分ほど放置。

⑤ラップをはずして、ティッシュペーパーで軽~く拭き取る。

(拭き取る・・というより抑えるイメージです)

⑥拭き取った唇に再びワセリンを塗って終了!

 

これでカッサカサの荒れた唇もたいていしっとりとして良くなります。

我が家は冬の乾燥が酷い時期は1週間に一度はします!

それでも乾燥が酷く、唇の状態も酷くなってしまった時は3日くらい連続で行うとだいぶ緩和されます。

なかなかの頻度でやってくる唇の荒れ・・どうにかならないかな~と長年悩み続け、色んな情報を集め、その情報を元に我が家では行っている「唇のスペシャルパック」です♪

このスペシャルケアを我が家では母娘で行います(笑)

ここで気になるのが「白色ワセリン」について。聞いたことはあるけど使ったことはない・・という方もいるのでは?私も子どもが生まれるまでは使ったことありませんでした!

⬛「唇のスペシャルパック」で使っている白色ワセリン」

とても便利なクリームということで何年か前に朝の人気番組で紹介され、とても反響が大きかったようで、ドラッグストアから「白色ワセリン」が消えた時期がありました。あの頃我が家では3歳だった娘の乾燥対策にドラッグストアの白ワセリンがお気に入りで使っていたので、ドラッグストアを何軒か回っても手に入らずとても困った記憶があります。

 

白ワセリンはいくつかの製薬会社でも作られており、選ぶのに悩んだこともありましたが・・・色々使ってみた結果・・・どれも大差なし(笑)

違いを挙げてみれば、色と硬さが少し違うかなーと思います。

 

じゃーなぜこの白色ワセリンか?というと、色々使った中で一番透明感があり精製度が高い気がしたのと、硬さそしてコストパフォーマンスが良かった事が理由です♪

 

これ以外にも我が家では持ち運びしやすいチューブタイプのワセリンも常備しています。チューブタイプのものは旅行にも持っていけるので重宝します。

それに、使うときに手でほじって使う必要がないので衛生面にも優れています♪

ただ・・・このタイプはとても柔らかいので、ハンドクリームのように使う分には良いのですが、私がいつも使う「唇」にはすぐ取れてしまい不向きなような気がします。

唇が荒れる原因は季節や空気の乾燥だけでなく、日頃の「スキンケア」や「メイク用品に含まれる成分」「唇を舐める癖」「皮をめくる癖」・・等からも引き起こされるそうです。

それを考えると思い当たる点がいくつかあるような気が・・・(^^;)

一度自分の唇の荒れの原因が何なのか調べて見る必要がありそうですね。

老若男女、カッサカサの唇よりプルンとした唇の方が良い印象にもつながります。

ボディケアの1つとして「唇ケア」も大事だな・・と改めて感じる今日このごろです。

目指すは石原さとみのようなプルンプルン唇!!!!