こんにちは。毎年この時期になると花粉症に悩まされる華子です。

今年もやってきました。花粉症。去年までは鼻と喉だけだったものが・・・なんと今季は目のかゆみもひどい。苦しいシーズンになりそうです(T_T)

花粉症の原因は?何が悪いの?・・と調べてみると、またもや出ました・・!

必須脂肪酸「オメガ3脂肪酸」

この「オメガ3脂肪酸」が不足しているとアレルギー体質を引き起こしやすいという報告が。

▼▼▼ココで「オメガ3脂肪酸」「オメガ6脂肪酸」の説明です!▼▼▼

オメガ3とオメガ6の働き  

  オメガ3必須脂肪酸 オメガ6必須脂肪酸
代表的な油 亜麻仁油、えごま油、チアシードオイル、青背の魚の油、etc. べにばな油、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズ、etc.
主な作用 アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、 血管拡張 アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、  血液を固める

※「オメガ3」「オメガ6」は、どちらとも「必須脂肪酸」と呼ばれる人間の体内では作られることのできない脂肪酸に分類されます。そのため、外から体内に摂取する必要があります。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

本来であれば、それぞれ逆の作用(拮抗作用)を起こす「オメガ3」と「オメガ6」との理想的な割合は「1:4」。これがなんと「1:10~40」までに膨れ上がっているとのこと。

最大の原因は最近の食事の欧米化。心当たりがありすぎます・・・(´-﹏-`;)

逆の作用(拮抗作用)を起こす脂肪酸だからこそ、摂取バランスが非常に重要となるんですね。

本来であれば「1:4」。このバランスが1:10~40までに膨れ上がっているという現状。

とても怖いことなのです!!これではアレルギーが悪化するのも納得です。

そこで!「オメガ3」の摂取が必要な現代人のために(少々大げさですが^^;)「オメガ3」の効果的な摂取方法について調べたことをご紹介します!前回と内容が少し重複しますがお許しくださいね^_^

⬛オメガ3の含まれる食べもの

・生の青魚

・亜麻の種(フラックスシード)

・エゴマの種

・クルミなど一部のナッツ類

・海藻

・・・などが有名です!

でも、「オメガ3」を食事から摂取するとなると・・・クルミを手のひら山盛り1杯を毎日、青魚を毎日料理する必要があったり・・と、なかなか手がかかってしまい継続するには難しそうだなという印象。

そこで、登場するのが「オメガ3」が豊富に含まれている油・・・

「あまに油」「えごま油」「グリーンナッツオイル」からの摂取です!

先日も紹介しましたが、食事の中に違和感なく取り入れるには、この油を普段の食事に加えるのが一番手っ取り早く続けることができそうです♪

摂取方法としては「あまに油」「えごま油」は熱に弱い為、調理の最後に加えるのが良いでしょう。

例えば・・・

・サラダのドレッシング

・野菜ジュースやスムージーに加える

・パスタの後がけ

・スープやお味噌汁などの最後にかける

・・・・などです。

私は前回紹介してからずっと続けているのが「あまに油」です。始めはスープに加えていたのですが、最近では毎朝の青汁に加えて飲むようにしています。風味も全く変化することなく美味しく飲めています!効果はまだ今のところ分かりませんが・・・。効果として表れるまでに長い人では6ヶ月、短い人でも1ヶ月はかかるとのことなので気長に続けてみようと思います♪

えごま油」「グリーンナッツオイル」についても、近々試してみようと思います!

 

ここで「オメガ3」を摂取するにあたり疑問に思うことを紹介!

⬛「オメガ3」Q&A

【Q1】オメガ3を摂取して何年・何ヶ月・何日で効果がでてくるの?

早い人で1ヶ月。血液の中のコレステロール値が下ったり胴回りが細くなったり、体脂肪とかに変化がでてくるとのこと。遅い人でも6ヶ月ほどで効果がでるそうです。

【Q2】亜麻仁油を開封後2ヶ月過ぎましたが食べてもいい?

酸化しやすい油なので、栓をあけたら冷蔵庫で2ヶ月(6週間以内)に食べきる。酸化した油はただのエネルギーになるため効果はなくなるそうです。

【Q3】副作用はありますか?

過剰摂取すると軟便や下痢になったり、油ですのでカロリー過多になる事が考えられます。

【Q4】どの時間帯に食べるといい?朝?夜?就寝前?

どの時間帯に食べても問題ありません。が、腸の動きが良いとされる朝からお昼頃に食べるのが一番吸収がいいそうです。

 

自分の体が何を欲して何を不要としているのか。

今一度よく考える必要があるな・・と。花粉症を発症して改めて痛感しております。。

早く花粉の時期が終わってくれることと、オメガ3の効果が表れてくれることを心から願う毎日です!

花粉症の方もそうでない方も!体に「オメガ3」を積極的に摂取して健康に過ごしましょう!!