『シェアハウス』

2012年ぐらいから耳にするようになりました。

「テラスハウス」というTV番組が若者を中心に人気となり

シェアハウスの概念も世間に広まりました。

 

今回は今さらながらシェアハウスについてご紹介!

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+

 

こんにちは、おがっちです!!(^^)!

現在は歓送迎会シーズンですね。

仲良しの友人に転勤の辞令が出ないか

心配している今日この頃です。

 

さて、今回は歓送迎会シーズンとあって

若者を中心に人気な『シェアハウス』について

サクッとご紹介いたします(^^)/♪

 

▼シェアハウスとは

1軒(1棟)の住居を複数人で共有する住居。

またはそのような住み方のことを指します。

 


※共用キッチンのイメージ

 

自分の部屋はありますが、

共用の食事スペースやリビングで

同居人と時間をともにできるので、

1人だと寂しい人には嬉しい環境です。

 

「テラスハウス」というTV番組では

1軒の家で男女6人が共同生活をします。

共同生活で繰り広げられる人間模様を

お茶の間に届け若者の共感を呼びました。

 

コミュニケーション好きな人が集まる家ですね!

私はリビングでゴロゴロしたい派。

もし独身でも私は絶対無理だな~。笑

 

▼シェアハウスのタイプ

一軒家タイプ

 

一軒家を複数人で共有します。

利用者には部屋が1つずつ用意されますが、

お風呂やトイレが共用のシェアハウスが多い。

 

シェアハウス用に建築・リフォームされた物件だと

共有スペースは広めに設計されていて

大人数でもかなり過ごしやすいみたい!

 

マンションタイプ

 

マンション(アパート)1棟を共有します。

利用者には部屋が1つずつ用意されます。

 

物件によりますが、

お風呂やトイレが部屋にある物件と

共用のバスルームが複数ある物件など

これまた色々あるみたいです。

 

▼シェアハウスの戸数、利用者層

  • 戸数:2万戸越え
  • 利用者層:現在は20代後半から30代が大部分を占める

 

魅力的なライフスタイルを確立したいと願う

30歳前後のキャリアウーマンも多いらしい!

リア充というかパリピな感じだろうな~。

 

物件によっては入居待ちの人気具合!

素敵なところは競争率も高いのでしょうね。

 

現在はアラサー世代が多く利用していますが、

これから少子高齢化社会を迎えれば

高齢者の新たな暮らし方としても

定着していく可能性があるみたい!∑( ̄Д ̄;)マジ!?

 

▼まとめ

  • シェアハウスとは、1軒(1棟)の住居を複数人で共有する住居
  • 物件のタイプは、一軒家タイプ/マンションタイプ
  • 戸数は2万戸越え、利用者層は20代後半から30代が多い
  • 少子高齢化社会では高齢者の暮らし方として定着する可能性も

 

いかがだったでしょうか?

 

「色々な人と知り合い、

時間や思い出も共有できる。」

こう考えれば外向的な人に向いている

シェアハウスという近年の暮らし方。

 

少子高齢化社会での

高齢者の新たな暮らし方になるとすれば

シェアハウスの動向を把握しておく

必要はあるかもしれないですね!

 

後述となりますが、

多くの人と関わるがゆえに

トラブルもそれなりにはあるようです。

 

シェアハウスでの生活を望むのであれば

自分らしく生活することも、

人に合わせて生活することも、

どちらも両立させることが大切ですね!

 

 

以上、『若者に人気なシェアハウスのあれこれ』でした♪

 

今回もお読みいただきありがとうございました!

またお会いしましょう!

おがっちでした!(^^)!