こんにちは、takakoです!

 

さっそくですが、皆さんコーヒーはお飲みになりますか?

 

最近はおしゃれなカフェが増えたり、

コンビニも各社コーヒーマシンをそろえていたり、

飲む機会も多くなりました。

 

実はこのコーヒー、驚きの健康効果があるのです!

 

一日3杯のコーヒーで死亡リスク減

「コーヒーを1日3~4杯飲む人は、

まったく飲まない人に比べて心臓や脳血管、

呼吸器の病気で死亡リスクが4割程度低い」

 

2015年に国立がんセンターや、

東大の研究チームがこのような発表を行いました。

 

一体コーヒーの何がそんなに健康にいいのでしょうか?

 

コーヒーのポリフェノールの抗酸化作用

「活性酸素」という言葉を

耳にしたことがある方は多いと思います。

 

活性酸素は量が増えすぎると、

健康な細胞を酸化させ老化の原因に。

 

また、血液の中の悪玉コレステロールを酸化させて

動脈硬化の原因になります。

 

コーヒーに含まれるポリフェノールは、

この活性酸素を抑制する力があり、

血液サラサラ、老化予防の効果があるのです。

また、血糖値上昇抑制、血圧改善、内臓脂肪減少など

他にも多くの効果が確認されています。

 

さらにコーヒーにはリラクゼーション効果、覚醒作用があり、

コーヒーブレイクで疲れが取れたように感じる、

仕事の効率が上がるなどのまりっとがあります。

 

 

一日3杯 無理なく飲もう

このような健康効果を発揮できるベストな量は、

一日3杯が目安だそうです。

あまり飲みすぎると、

胸やけや頭痛が起きたり、

興奮状態になって眠れなくなったりなど、

コーヒーのデメリットが出てしまいます。

 

時間を空けて一日3杯、

ゆっくり飲んで、

楽しみながら健康効果を享受しましょう!

 

それでは!