どうも、まちこです。

 

もうすぐジメジメした梅雨の時期がやってきますね。

そこで今回は、梅雨の時期に気を付けたい『カビ』について、その特徴と怖さをご紹介いたします。

カビ自体はそれほど強い菌でありませんが、長い間カビの菌を吸い込み続けると、深刻な健康被害を引き起こす可能性もあるそうです。

カビの種類や生える場所などを知っておくと、対策もしやすくなりますので、ぜひ読んでみてください。

 

カビの種類と特徴

カビ菌は細かく分けると、なんと3万もの種類が存在するといわれいます。

さらに、新たな種類のカビ菌も頻繁に発見されているんだとか…。

 

その中から、私たちの身近にあるカビ菌をご紹介いたします。

 

黒カビ

湿気が多い場所に生えるカビとしては代表的存在で、名前の通り、

見た目が黒く、繁殖力が強いことが特徴です。

乾燥等にも強く、アレルギーの原因にもなるやっかいなカビ菌です。

発生場所

浴室

野菜

衣類など

 

青カビ

チーズにもよく使われるカビ菌です。ブルーチーズがそのひとつです。

青カビには、

食用の安全なもの

毒性が強く危険なものが存在します。

ブルーチーズの青カビは食用のもので、食べても身体に害がないうえに、他の細菌と協力して身体に良い成分を作り出してくれるものだそうです。

対して、お餅やミカンなどに生える青カビは、毒性が強く危険なものなので、絶対に食べてはいけません(絶対だッ!)。

発生場所

お餅

ミカン

パン

乳製品

家具

押し入

畳など

 

ススカビ

エアコンの内部に発生する、綿毛状の灰黒色のカビ菌です。

プラスチックを腐らせるほどの強い力を持っています。

喘息を引き起こすこともあるので、特に注意が必要な種類になります。

発生場所

エアコン

ビニールクロス

シャワーカーテン

家具の裏側

衣類など

 

カビが発生する主な条件

湿度(80%以上は要注意)

温度(20~30度くらいがカビが繁殖しやすい温度)

汚れ(カビは汚れやホコリが大好物)

酸素(空気に触れることでカビは活性化する)

が挙げられます。

 

カビが原因でなる病気

●水虫

白癬菌というカビ菌が原因で起こる、皮膚がただれる病気です。

同じ靴を毎日履いていたり、足を不清潔にしている場合など、発生しやすいです。

●アレルギー

カビも花粉とどうように空気中に舞っています。鼻から入ったり、食べ物と一緒に身体の中に

入ると、アトピー性皮膚炎やジンマシンなどのアレルギーを起こしたりします。

●肺アスペルギルス症

アスペルギルスというカビが原因で発生する病気です。

肺に入ってしまうと、肺炎や内臓系を悪くしてしまいます。

免疫力が弱い方や過去に、内臓系を悪くした方に発生しやすいです。

食品、カーペット、衣料品、エアコン等にいるカビが発生原因と言われています。

●夏型過敏性肺炎

名前の通り、夏に発生しやすい肺炎です。咳が出て苦しくなり、熱も発生する病気です。

トリコスポロンというカビが原因で、浴室と脱衣所の間や台所の流し台などに住んでいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カビの知識を得ることで、これからの梅雨の時期に取るべき対策が少し見えてきましたか?

 

重要なのはカビの発生しやすい環境を作らないこと!

風通しを良くする(湿気をためない、湿度を下げる)

汚れ、ホコリを溜めない

除菌をする

 

長い間カビの菌を吸い込み続けると、深刻な健康被害を引き起こす可能性もあり、

カビをそのままにしておくと、体調を崩す原因になってしまいます。

普段からカビ予防をしつつ、こまめに掃除をして、梅雨の時期をすっきりと乗り切りましょう!

 

いくら食用のカビで身体に良いからって言っても…(クサイわッ!)