初期症状がほとんどなく

早期発見が難しい膵臓(すいぞう)ガン

 

発見された時には進行が進んでいて

生存率は7%とも言われています。∑( ̄Д ̄;)マジ!?

 

こんな膵臓ガンを早期発見できる方法

某情報番組で紹介されていました!

今回は膵臓ガンの早期発見をご紹介!

 

こんにちは、おがっちです!!(^^)!

もう梅雨がやってきましたね。

日々洗濯物の生乾きとの戦いですよ。イヤだなぁ。。

 

さて、今回は某情報番組で放送されていた

『膵臓ガンの早期発見』についてご紹介!

 

膵臓ガンとは

書いて字のごとく膵臓にできるガン。

膵臓には

・消化酵素を分泌する外分泌腺

・ホルモンを分泌する内分泌腺

この2つの分泌腺があります。

 

消化酵素とホルモンが通る

”膵管”にできるガンが増えています。

 

膵臓ガンの中でも外分泌系のガンが

全体の95%を占めるそうです!

 

膵臓ガンの生存率

▼膵臓ガンのステージ別5年生存率

ステージ1:40.5%

ステージ2:18.2%

ステージ3:6.3%

ステージ4:1.6%

 

冒頭で述べた通り

膵臓ガンは早期発見が難しく

その多くがステージ4で発見されます

 

ステージ1でも40.5%の生存率です。

とても厄介なガンと言えるでしょう。

 

膵臓ガンの早期発見方法

 

膵臓は沈黙の臓器とも呼ばれ

異変に気付きにくいのですが、

ある数値を見ると予兆を察知できるそうです。

その数値とは『ブドウ糖』(血糖値)です。

 

結論から言うと、

『血糖値が上昇している人』は要注意です。

・食べ過ぎ飲み過ぎでもないのに血糖値が高い人

・親族に糖尿病の人がいないのに糖尿病(予備群含む)の人

この理由を以下で説明していきます。

 

血糖値と膵臓ガンの関係

膵臓は内分泌腺でホルモンを分泌します。

このホルモンの中にはインスリンがあります。

 

インスリンは食事で血糖値が上がったときに

血糖を吸収したり、エネルギーに変換するよう

体の臓器に働きかけるホルモンです。

インスリンのお陰で私たちは

高血糖にならずに生活できている訳です

 

例をあげるなら、

糖尿病になるとインスリン注射が必要ですよね。

これは膵臓の働きが悪くなって

インスリン分泌がうまく行えないからです。

 

このような体の仕組みから

『血糖値の上昇=膵臓の機能不全』

という判断ができます。

 

なので、食べ過ぎ飲み過ぎでもないのに

血糖値が高めになってきた人や、

糖尿病や糖尿病予備群の人には

膵臓ガンが隠れている可能性があるそうです。

 

事実、糖尿病の人は正常な人と比較して

2倍以上膵臓ガンの発症率が高いとのこと!

 

普段の生活で血糖値は確認できないから

定期的に健診を受けることが大切ですね!

 

まとめ

  • 膵臓ガンは初期症状がほとんどなく、早期発見が難しい
  • 膵臓ガンはステージ1で発見できても5年生存率が40.5%と低い
  • 膵臓ガンの早期発見のカギは『ブドウ糖』(血糖値)
  • 血糖値が高くなった、糖尿病(予備群含む)になったら要注意
  • 定期健診で血糖値も毎回確認しましょう

 

いかがでしたか?

調べれば調べるほど

膵臓ガンはとても厄介なガン

だということが分かりました。

 

自分のためにも家族のためにも

定期健診を受けましょうね!

 

以上、『膵臓ガンの早期発見』でした。

 

今回もお読みいただきありがとうございました!

またお会いしましょう!

おがっちでした!(^^)!