皆さん、こんにちは!
ゆりまるです♪

あま~いみかんの見分け方を
皆さんは知っていますか?
買った時に「すっぱい‥!」とならずに済む
見分け方の方法をお話しします♪

甘いみかんの見分け方

小さめのみかんを選ぶべし!

小さめのみかんの方が味が濃くて美味しそうです!
また、枝の切り口が小さいものを選ぶようにしましょう!

みかんの皮の色は橙色寄りを選ぶべし!

みかんは、黄色い色よりも橙色寄りの赤みが濃い色の方が
美味しいそうです!色が濃いみかんは太陽をたくさん浴びると
糖分がギュッと高くなるみたいです。

お肌のキメが細かい

みかんの表面は小さなブツブツに覆われています。
これが多くキメが細かいものを選ぶようにしましょう。
また、触った感じもゴワゴワしていなく肌触りがいいものが
いいでしょう。

裏側が「でべそ」になっているみかん

みかんの裏側が「でべそ」のように出っ張っているものは
甘いと言われています。裏側をチェックして確認してみましょう!

酸っぱいみかんはこうやって甘くする!

せっかく買ってきたみかんが酸っぱかった‥
なんてことありますよね!
そんな時は、甘くしちゃいましょう!

揉みまくる

みかんは揉むと、クエン酸で揉まれた部分を修復しようとします。
ひたすら揉みまくればクエン酸がなくなっていくので
甘くなりやすくなります。

日光に当てる

みかんを日光に当てると、みかんの呼吸が激しくなり
クエン酸がたくさん消費されるので甘くなるそうです。

お湯につける

みかんを40℃のお湯に15~20分ほど浸けます。
その際ミカンが浮いてこないように蓋をしましょう。
温めた後は、冷蔵庫で1時間程冷やすと甘いみかんに変身!

レンジでチンする

みかんをレンジで20~30秒ほど温めると
クエン酸を減らすことができるので
甘くなりやすいです。
ただ、注意するのはそのままレンジに入れると爆発しちゃうので
みかんを何カ所か切れ込みを入れておきましょう。
温めた後は、1時間程冷やすとより甘くなります。

まとめ

あま~いみかん・・・食べたくなりますよね!
私は、よくみかんを食べるのですが
見分け方までは知りませんでした・・!損!
色んな方法があるので
皆さんも是非お試しあれ~!