肌のうるおいやハリが低下してきた・・・”

肌コラーゲンを増やす方法ってないの?”

素肌からキレイになりたい!

今回はこんな悩みや要望がある方向けの記事です♪

 

こんにちは、おがっちです!!(^^)!

最近は最強寒波の影響もあり、

全国的に厳しい寒さが続いていますね。

それでも寒さに負けず、

毎日元気いっぱいに過ごしていきましょう!

 

▼肌コラーゲンを増やす食品とは?

某情報番組で、

肌コラーゲンを増やす食品の解説がありました。

最新の研究によって判明した食品は、

『酒粕(さけかす)』でした!

 

▼酒粕に含まれる驚きの成分!

「α−EG(アルファイージー)」

という成分をご存知ですか?

 

肌コラーゲンを作り出す線維芽細胞に働きかけて、

肌コラーゲンを量産させる成分だそうです。

 

推奨される摂取量は1日50g、

2週間程度続けて摂取することが望ましいとのこと。

実験では酒粕100gを毎日摂取し、

1週間で20%前後も肌コラーゲンが増加!

これはすごい結果となりました。

 

日本酒にも「α−EG」は含まれているようで、

最近になって日本酒のおいしさに目覚めた私には

嬉しい知らせでした!!(^^)!

ただ、日本酒を浴びるように飲むわけにもいかない。

お肌がプリプリになっても体調を崩してしまっては

意味がありません。

 

日本酒の誘惑に負けそうになりながらも、

酒粕の摂取に挑戦することにしました!

 

ただ、酒粕はそのままじゃとても食べられません。

様々な料理に酒粕を混ぜてみることにしました。

 

結論から申し上げておくと、酒粕の香りが強く、

どの料理も美味しく仕上げるのは難しいです。

いくつか試しましたが、今回は4つご紹介します。

 

チャレンジ①:焼肉のタレに混ぜる

※写真はイメージ

大さじ1/2程度混ぜてみました。酒粕の香りはだいぶ弱まります。食べられはします。
大さじ1/2は25gぐらい。

 

チャレンジ②:みそ汁に混ぜる

※写真はイメージ

ちょっと混ぜてみました。酒粕の香りがかなり強い。
もう作らないかな。笑

 

チャレンジ③:酒粕入りフレンチトースト

※写真はイメージ

番組内で紹介していた酒粕入りフレンチトースト。
ソースは酒粕そのもの。私は好きになれない。

 

▼最もおいしく摂取できる方法!

試行錯誤を重ねた結果、

私は酒粕を料理に使うという選択肢を捨てました。

だってね、酒粕の香りしかしないんだもん。笑

 

日本酒にはまっている私は名案を思い付きます。

そうだ!酒粕を使って甘酒を作ってみよう!

(もっと早く気付けば良かった!)

 

チャレンジ④:甘酒を作る

※写真はイメージ

酒粕とお湯と砂糖を使って、甘酒を作りました。
普通においしい。
酒粕の摂取は甘酒が一番おいしくて簡単!笑

※補足:米麹由来の甘酒は「α−EG」を含んでいません!酒粕由来である必要があります。

 

▼まとめ

  • 肌コラーゲンが増加する食品は、酒粕
  • 「α−EG」は肌コラーゲン量産のカギ
  • 米麹由来の甘酒× 酒粕由来の甘酒◎
  • 酒粕を混ぜておいしい料理は試行錯誤が必要

以上が肌コラーゲンを増加させる概要の要約です!

 

私の体験談のせいで酒粕入りの料理はおいしくない

みたいな感じになってしまって申し訳ないです。><

 

酒粕が合う料理はたくさんあると思いますし、

料理センス次第でおいしく作れると思います!

 

普段の食事から美容に気をつかって

健康で美しい大人の女性になりたいものです。

 

今回もお読みいただきありがとうございました!

またお会いしましょう!

おがっちでした!(^^)!