夏になるとあせもってできやすくなりますよね(;´Д`)

毎夏・・・なんとかならないかな(泣)

調べてみると、あせもだと思っていたものが「汗あれ」かもしれないことに気付きました!!

汗あれなのにあせもだと思ってケアすると大変なことに・・・

 

そこで、汗あれについて詳しくまとめてみました\(^o^)/

 

あせもと汗あれの違い

あせもとは・・・

一度に大量に汗をかくことによって汗の出口である「汗口」がふさがり、肌内部で炎症が起こります。汗が詰まるのが原因で、全身のどこにでもできます。

 

あせもの症状

・かゆみ

・赤く、水を含んだ小さなボツボツがたくさんできる

・中心に小さな膿を持つこともある

 


 

汗あれとは・・・

汗に含まれる塩分やアンモニア分が、弱ったお肌を刺激して起こります。

汗自体によって起こる、一種の「接触性皮膚炎」ということです。

汗あれの症状

・赤み

・激しいかゆみ

・チクチク、ピリピリした痛みがある

 

汗あれの原因

ノースリーブ、下着、靴下(特にノースリーブは脇の下の汗を吸収できず皮膚どうし摩擦をおこしトラブルになりやすい場所です。)

・首周に固い襟のもので汗でフヤケた皮膚を傷つける

・汗を吸わない素材(スカーフやストール)は刺激を与える

 

汗あれが出やすい部分

・首周り

・腕の内側

・脇の下

・背中

・お腹

 

汗あれの予防と治し方

・汗をかいた時は、タオルやウェットティッシュでやさしく押さえるように拭く

・お風呂の時は低刺激のボディソープで体を洗う

・保湿クリームをつけて、肌を乾燥させない

 


 

汗はかゆみが出る前にすぐに拭きとることが一番重要ですね!

かゆみがひどくなった時は、病院に行きましょう

跡が残とる大変です(´;ω;`)

 

 

ちーにゃん。