皆さん、こんにちは!
ゆりまるです♪

この時期、新たに新生活を迎える方も
たくさんいらっしゃると思いますが、
皆さんは、人前でなにかをする時に緊張したりしますか?
私は、がっちがちになって頭真っ白になるタイプなのですが、
“極度”のあがり症の方は、ある病気の可能性もあります。

それが「社交性不安障害(SAD)」です。

社交性不安障害(SAD)とは?

社交性不安障害は人前で何かをすると緊張し、
それがひどく苦痛で逃げてしまう・避けてしまう状態に
なってしまいます。
人前で何かをする時に緊張するのはよくあることですが、
それが、会議に出られない・人と食事ができない
出席しても苦痛で仕方ない・震えがでる
などの場合ですと、この病気が考えられます。

発症の原因は、はっきりとは解明されていませんが
脳内の神経伝達物質のバランスが乱れて
不安を誘発しているとの説があります。

こんな方は要注意!

・自分に対する劣等感が強い
・自分に自信がもてない
・人前で恥をかきたくない
・変な人だと思われたくない
・他人の評価に敏感
・他人によく思われたい

改善方法

社会不安障害の治療は、主に2種の方法を中心に行われます。

薬物療法

主にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を使用します。
服用後、効果が表れるまでは個人差があり、約2週間~8週間ほどで
徐々に症状が緩和されていきます。

認知行動療法

思考パターン(不安や恐怖にとらわれている思考)を
変えたり、緊張感をやわらげたりすることで、回避行動を
軽減する精神療法になります。
認知行動療法は、5種類のパターンにわかれています。

・認知修正法
・段階的暴露療法
・社会技術訓練
・不安対処訓練
・集団認知行動療法

まとめ

性格だと思っていたのに実は・・・なんて
あるかもしれないので思い当る方は
一度診察していただくのもいいと思います!
楽しく生きるために、
素敵な人生を歩みましょう~!