ダイエットでウォーキングを始めたいと考えているライター:もくたんです。

最近健康のために歩く方が多いですよね!
歩いていて気になるものといえば

足の裏にできるタコや魚の目!
なおった~!と思ったらまた再発したりする方もいますが…

今回はそんな足の裏にできるタコ・魚の目についてまとめてみました!

▼タコと魚の目の違いは痛みのありなし!

魚の目・タコは、「圧迫や摩擦刺激に対する皮膚の防御反応」と言われています。
特定の部分に圧力がかかり、皮膚が刺激されるとできてしまうそうです。

実際この「タコ」と「魚の目」に
どのような違いがあるのでしょうか?

タコ

外側に皮膚が盛り上がって厚くなる。
患部の中心に芯はなく、押してもほとんど痛まない

魚の目(うおのめ)

足の裏の突出したところや指のふち、指の間などに多く見られるもの。
皮膚が内側に突き刺さり、神経を刺激する
患部の中心に芯があるので、押したり・圧迫されると強い痛みを伴う。

 

▼原因は靴!?

タコや魚の目が悪化しやすい、再発しやすい人の
大きな特徴として、靴や歩き方が挙げられます。

【1】大きい靴をはく人

足のサイズに靴があっていないと
歩くたびに靴の中で足が滑ってしまうため、
摩擦により皮膚の角質が固くなり、
よりタコや魚の目が悪化しやすい。

 

【2】歩きが前のめりになる人

前のめりに歩くことで
指に強い圧力がかかり、魚の目ができやすくなる。
特に重心がつま先にいき、前のめりになりやすいヒールをよく履く方は注意。

 

【3】靴が足の形にあっていない人

足のつま先の形が靴の
ちなみに日本人には3タイプの足の形があります!

エジプト型

親指が一番長いタイプ
日本人の約7割がこのタイプと言われる
おすすめ靴:オブリーク系

ギリシャ型

人差し指が一番長いタイプ
日本人の約2割ほど
おすすめ靴:ラウンド系

スクエア型

足の指の長さがほとんど同じ、
日本人の約1割ほどしかいないめずらしいタイプ
おすすめ靴:スクウェア系

 

▼まとめ

  • タコと魚の目の違いは痛みのあるなしの差
  • タコや魚の目できやすい人
      • 大きめの靴をはく人
      • 前のめり気味に歩く人
      • 靴が足の形とあっていない

タコと魚の目の対策は靴選びが重要ということがわかりましたね!
私はエジプト型の足だったので
次回の靴はオブリーク系で探してみようと思います♪

byもくたん