どうも、まちこです。

子どもの頃、アラレちゃんの髪に惹かれておりました(キーン)。

 

それはさておき、最近髪のカラーリングによる皮膚トラブルが増えていると聞いたので、ちょっと調べてみました。

自分で染めている人だけでしょと考えているあなた!

なんと美容室でプロに染めてもらっている人にも、驚くような皮膚トラブルが起きてしまったケースもあるそうです!

 

どんな症状が出るの?

ヘアカラーによる皮膚トラブルとは、頭皮・髪の生え際・まぶた・額・耳の後ろ・首すじなど、ヘアカラーの薬液が直接接触したところや、洗髪時のすすいだ液が接触したところに、かゆみ・赤み・腫れ・ブツブツ(小水疱)などの皮膚炎症状が出ることです。

さらに、症状が出たことに気づかずに使用を続けたり、症状が軽いからとくり返し使用し続けたりすると、症状がひどくなり、突然に重いアレルギー症状(全身じんま疹・呼吸困難・血圧低下など)が起こしていまうことがあり、大変危険です。

 

有効成分である“酸化染料”が原因!?

ヘアカラーには、過酸化水素やアルカリ剤、染料が配合されていて、これらが人によっては炎症の要因となることがあります。

その中でも主な原因として、有効成分である“酸化染料”によるものと考えらているそうです。

 

これまで平気だった人も突然症状がでる!?

何度もヘアカラーを使用して問題なかった方でも、ある日突然に、炎症を起こしてしまうことがあるそうです。

また、これまでにヘアカラーの使用により症状が出たことのある方は、以後は絶対にヘアカラー(酸化染毛剤)を使用しないようにしてください。

 

症状が出たらすぐに病院に!

ヘアカラーによる皮膚トラブルの症状が出たら使用を中止し、すぐに医師(皮膚科)の診療を受けてください(放置したら絶対ダメ)。

ヘアカラーの「遅延型」アレルギーの場合、染毛の48時間後くらいが最も症状がひどくなるそうで、適切な処置が遅れると、症状が長引くことがありますので、早く治療を開始することが必要です。

 

ヘアマニキュアなら大丈夫?

一度でもヘアカラーでかぶれた方は、今後いかなるヘアカラー(酸化染毛剤)もご使用になれません。

酸化染料を配合していないタイプのヘアカラーリング製品(ヘアマニキュアなど)は使用できるそうです。

ただし、使用にあたり、製品の使用説明書をよくお読みのうえ、正しくご使用ください。しかし、まれに非酸化染毛剤で使われている成分で炎症を起こすこともあるそうですので、ヘアカラーと同様に、使用前には毎回必ず、使用説明書に記載の手順に従って皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をするようにしてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性なら色んなヘアスタイル・カラーリングを楽しみたいですよね。

秋になり新たな色に髪を染めようとしていた方は、染める前にパッチテストを必ずしてくださいね!

 

私は髪を金色に染めたいときは、クリリンのことを思い出すようにしています(クリリンのことかーーーっ!!!!!)。